キンカチョウにひとめぼれ(でも決して衝動飼いはしません)

ひげ
ひげ

こんにちは、ひげです!

先日、キンカチョウに出会いました。

キンカチョウってご存知ですか?

わたしは知ってたような、初めて見たような、名前を聞いたことあるような、ないような…という状態でした。

とってもかわいい鳥さんなんです。

キンカチョウに出会ってしまった

キンカチョウとは?

キンカチョウ(錦花鳥、錦華鳥 学名:Taeniopygia guttata)は、スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥の一種。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

スズメ目」とあるように、スズメみたいな小鳥です。

スズメより少し小さいかもしれません。

↑こちらキンカチョウモチーフのハンカチです。かわいい…!

とあるお店で、キンカチョウと目が合ってしまい(実際は合ってない可能性大ですが)

かわいい…!飼いたい…!!

と、なったんです。

我が家は集合住宅に住んでいますが、管理規約で小鳥は飼っても良いということになっています。

飼っても良い、ということを知っているので余計に「飼いたい!」という気持ちが高まりました。

ですが、大人なので動物を「衝動飼い」してはいけないことはわかっています。

まずは大前提としてキンカチョウの飼い方を調べないといけません。

最後まで責任を持って飼えるのか?

一時の衝動的な気持ちだけじゃないのか?

費用はどれくらいかかるのか?

近所に小鳥を診てくれる動物病院はあるのか?

等を調べた上で検討しなければいけない、と思いました。

キンカチョウの飼い方を知るには

生き物を飼う、となるとやはりまずは飼育本を読まないと、という思考があります。

これはたぶん、わたしが生き物を飼ったのがもう25年ほど前ハムスターを飼ったとき以来だからです。

当時はインターネットはまだしていなかったので、情報は本から得るしかなかったんです。

そのときは「ハムスターの飼い方」みたいな本を買って、あと「ハムスターの研究レポート」というコミックエッセイも読んでいました。

というかそのコミックエッセイがきっかけで飼いたくなったんでした。

↑Kindle版が出てる…!懐かしい…また読みたい…!

話がそれましたが、今はインターネットにいろんな情報がありますし、YouTubeでキンカチョウを飼っている方の動画も見れます。

だから飼育本は必ず買わなくても良いのかもしれません。

でも、やっぱりひとまず本で勉強しておきたい、という考えがあるんですよね…。

検索していたら、良さそうだな〜という本が出てきました。

「長生きする鳥の育てかた」

Amazonのレビューを見ると、読むと鳥を飼う際の心構えができそうです。

ひとまずこの本を読んで、本当に我が家で飼うことができるのかをしっかり検討したいと思います。

飼いたい気持ちを見極めるため

本を読んでちゃんと飼育環境を用意できるかを見極めるのと同時に、わたし自身の「キンカチョウかわいい!飼いたい!」という気持ちが本物なのかを見極めるため、ひとまずぬいぐるみを買ってみました。

こちらのぬいぐるみです。

届きました。かわいい…。

しかしすぐに息子に奪われました。息子がめっちゃ気に入ってます。

しばらくの間はぬいぐるみを愛でながら、本で勉強しようと思います。

もし飼うことになったら改めてブログで紹介しますが、今はまだ飼えないなと判断する可能性も大いにあります。

ひげ
ひげ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました